(Don't Fear) The Reaper ブルー・オイスター・カルト (Blue Oyster Cult)

この曲の作曲者はBlue Oyster Cultのリード・ギター,Donald (Buck Dharmer)Roeserで,1976年に発売されたAgents of Fortuneにこの曲は収録されています。この曲はいわゆる「(ロミオとジュリエットのような)心中の約束」を歌ったものだと考える人もありますが, 作曲者本人によれば,この曲は「変わらぬ愛」と「死は避けられない」ということを歌ったものなんだとか。
This song was written by Blue Oyster Cult’s lead guitarist Donald “Buck Dharmer” Roeser in 1976 for their album Agents of Fortune. While some people believe the song is about a suicide murder pact (i.e. the references to Shakespeare’s Romeo and Juliet)", according to Roeser "it is about eternal love and the inevitability of death."

(Don't Fear) The Reaper  (Blue Oyster Cult)

[Verse 1]
All our times have come
Here but now they're gone
Seasons don't fear the reaper
Nor do the wind, the sun or the rain (We can be like they are)
[Chorus 1]
Come on baby
(Don't fear the Reaper) Baby take my hand
(Don't fear the Reaper) We'll be able to fly
(Don't fear the Reaper) Baby I'm your man

[Verse 2]
Valentine is done
Here but now they're gone
Romeo and Juliet
Are together in eternity (Romeo and Juliet)
40,000 men and women everyday (Like Romeo and Juliet)
40,000 men and women everyday (Redefine happiness)
Another 40,000 coming everyday (We can be like they are)

[Chorus 1]
Come on baby
(Don't fear the Reaper) Baby take my hand
(Don't fear the Reaper) We'll be able to fly
(Don't fear the Reaper) Baby I'm your man

[Verse 3]
Love of two is one
Here but now they're gone
Came the last night of sadness
And it was clear she couldn't go on
The door was open and the wind appeared
The candles blew and then disappeared
The curtains flew and then he appeared
(Saying "don't be afraid")

[Chorus 2]
Come on baby (And she had no fear)
And she ran to him (Then she started to fly)
She looked backward and said goodbye
(She had become like they are)
She had taken his hand (She had become like they are)

Come on baby (Don't fear the Reaper)

[Verse 1]
どんなものにも寿命があって
それが来ると死んでいくけど
季節だけはそうじゃない
死神なんか怖れない
吹く風も,太陽も雨だって
終わりなんか怖れない
(2人だってそうなれるんだ)

[Chorus 1]
だからベイビイ
(死神なんか怖れるな)
ベイビイこの手を繋いだら
(この人生が終わっても)
きっと空も飛べるから
(何にも心配することないよ)
俺がついてるんだから

[Verse 2]
ヴァレンタインは終わったけれど
あいつらはもういない
ロメオとジュリエット
いつまでも2人は決して離れない(ロメオとジュリエット)
来る日も来る日も4万人が
この世からいなくなり(ロメオとジュリエットみたいに)
毎日毎日4万人が(別の「幸せ」を感じてる)
そして別の4万人が毎日この世を去っていく
(2人だってそうなれるんだ)

[Chorus 1]
だからベイビイ
(死神なんか怖れるな)
ベイビイこの手を繋いだら
(この人生が終わっても)
きっと空も飛べるから
(何にも心配することないよ)
俺がついてるんだから

[Verse 3]
2人の気持ちはひとつでも
いつか終わりはやって来る
悲しみに耐えきれず
あいつはこう考えた
もうこれ以上は無理だって
ドアが開いて外から風が
部屋の中へと吹き込んだ
ロウソクの炎が揺らいで消えて行き
カーテンがはためいて,そこに「あいつ」が現れた
(「大丈夫だ」って言いながら)

[Chorus 2]
さあベイビイ(だからあいつは怖れずに)
死神のところへ駆けて行ったんだ(そして空に飛び立った)
あいつは後ろを振り返り,お別れを言ったんだ
(季節とか太陽だとか雨とかと同じものにあいつはなった)
ヤツと一緒に手を繋ぎ
(季節とか太陽だとか雨とかとおなじものにあいつはなった)

さあベイビイ
(死神なんか怖れるな)

(余談)

この曲はあちこちで使われているようで,1987年公開のホラー映画「ハロウィーン」やスティーヴン・キングの「スタンド」というTVドラマの主題歌にもなっている他,1996年のヴィデオ・ゲーム「Ripper」にも使われています。

Share this with short URL: Get Short URLloading short url